自分と家族のこと

発達障害の子供だと気づいた時の、親としての気持ちと心の整理の方法

私たち夫婦は息子が2歳になる少し前に、彼が自閉症ではないかということに気づきました。 そして案の定、2歳児検診の時に専門機関を紹介され、「非定型自閉症」と「知的障害」という診断を受けました。多くの親御さんは我が子の自閉...
基礎知識について

発達障害の診断を子どもが受けた時に、親が考えるべきことは?

発達障害の診断を子どもが受けた時、誰もが「診断が間違いであって欲しい」と思うもの。 でも、発達障害と診断されても、大人になるまでに自立できるようになる子もいます。 診断以上に大切なことは、「どのように子どもの成長をサポートす...
自分と家族のこと

発達障害の子供を子育てする親の気持ちを赤裸々に告白します。

小学校高学年の自閉症スペクトラムの息子と、中2になる娘を育てています。 私が子供と向き合う中ではっきりと言えることは、お恥ずかしい話ですが、子供にとって良い親でもなく、ポリシーをもって育てているとは言えないことです。 ですが...
自分と家族のこと

発達障害の子供の特徴は?気が付いたタイミングと1歳2歳3歳4歳。

広汎性発達障害の11歳になる息子がいます。 私は医療関係の仕事をしており、非常勤ながら長女の時も産前1か月前、産後2~3か月で仕事に復帰し、二人の子供は2か月から無認可保育所、認可園と保育所をつないで仕事を続けていました。 ...
障がい者のこと

発達障害とは?子どもに見られる特徴は、こんなことがある。

現在は11歳になりましたが、これまでの間に私が体験したわが子の言動をここで紹介したいと思います。 発達障害は、個人差がありますのですべての発達障害児に対して当てはまるかどうかは分かりませんが、わが子の例を参考にして頂けたら幸いです...
自分と家族のこと

発達障害ADHDの子供を持つと疲れるの?親御さんへのアドバイス

アドバイスというの非常におこがましく、目下にものを見る表現に思われて仕方がないため、私なりの経験をお話ししながら、お伝えできることがあれば、また何か感じてくださるものがあればよいと思います。 アドバイスとして挙げさせてもらったこと...
自分と家族のこと

発達障害ADHDの子供への接し方は?障害の弟を持つ姉への接し方。

上の子(姉)が小学3年生の時、保育所へ通っていた下の子(弟)が当時4歳ごろに、広汎性発達障害、知的障害、発達運動協調性障害の診断を受けました。 会話は普通にしますが、言葉の深い意味の理解、そして全体的な知的の遅れがあるため、保育所...
基礎知識について

発達障害者の仕事を支援する方法とは?就労支援員からのアドバイス

一般企業に就職する前に働くためのトレーニングを行う場として、福祉制度を利用した「就労移行支援」というものがあります。 今回は、就労移行支援で支援員として働いていた経験から、発達障害のある方が働く場面で困られること、またそれに対して...
基礎知識について

発達障害ADHDの学習支援の構造化について。

構造化の基礎知識 構造化は学習支援の最も基礎となる部分です。支援の開始時に整理することはもちろん、支援がうまくいかないときや支援の方向転換をはかるときなど、折にふれて意識し修正する必要があります。 構造化とは 学習支援に関...
基礎知識について

発達障害ADHDへの学習支援の方法論は・・・。

日々、学校に通っている子供のことで気になってましたので、自分なりに考えてみました。 ①学習支援を構成する3要素 発達障害の子供たちに学習支援を行う際に、最も重要なことを支援の全体像をしっかりと意識・理解することです。 学習支援...