障害福祉サービスの利用方法

障害を持つものが、国のサービスを受けるときには、色々な手続きや出向く必要があるので、大変ですが簡単にまとめてみましたので、目を通して見て下さい。

利用者が放課後等デイサービスなどの福祉サービスを利用するには

・市区町村の担当課または相談支援事業所で相談し、サービス等利用計画を作成することが必要
・サービス等利用計画に基づいた利用限度日数などが書かれた「受給者証」が発行されないと「利用者 1割負担」にならない
・障害福祉サービス事業所を利用するには各事業所と契約を行う

市区町村により
・担当する課
・相談支援事業所の運営母体
・受給者証発行の流れ、期間、ルール
などが異なるため、自事業所の担当市区役所には事前に確認しておく

サービス等利用計画は多くの自治体で
・小学生はセルフプランでもよい
・必ず相談支援事業所で作成されたものでないといけない
・相談支援事業所が立て込んでおり、作成の順番を待つ必要がある
など事情は異なるため、必ず自事業所の担当市区役所でサービス等計画作成の流れなど受給者証発行に至る運用を確認しておく

相談支援事業所では

サービス等利用計画の見直しや、サービス等利用計画作成後のモニタリングを行うなど、その後のフォロー行っている。
放課後等デイサービスと相談支援事業所間では情報交換を積極的に行う仕組みになっているので、地域の障害児相談支援事業所はリストアップしておくこと。

私はこれで不安がなくなりました。

子供が「発達障害」と診断を受けた時、
目の前が真っ暗になりました。

障がいを持っていることのショックは
当然ですが、それと同じくらいに強く

・この子の将来は・・・
・成人して一人で生きていけるのか?
・普通の子より、お金が必要なのか?

こんな思いに苦しみました。

そして決断しました!
 「この子には、不自由をさせない。」
 「私、ひとりでも育ててみせる。」

専業主婦だった私には、時間が十分に
あったので、家事の合間に内職する!
と、決めネットで検索しました。

超の付くほどのパソコン初心者でしたが、
撮りためていた動画をyoutubeにアップ
してみたところ、お金になったのです!!

今では夫の給与と毎月競えるようになり
生活が本当に楽になりました。ラッキー!

出掛けることがないコミュニティーですが、
SNSでつながっているので、お友達ができて
毎日楽しく過ごしてます。

私のような保護者の方もいるし、当事者の
方もいて、障がいのことについても相談が
できるので、本当にこのコミュニティーに
入って良かったと思ってます。

今は、不安はありません。

保護者の方も、当事者の方も、ぜひこの
コミュニティーに参加することをおすすめします。

⇒⇒このコミュニティーが気になる方は、こちら。

コメント