発達障害ADHDの特性を持つ子供の理解とその対応

子供の行動(すべての行動には意味がある)

①行動(障害)が子供ではなく、環境や関係の中で起こしている行動と捉える
②行動を表現の一つとしてとらえる(本人からの意思表示)
③行動の意味や意図、背景を考える(子供の生活全体の理解 =大人がつながること)
④気持ちを本人の気持ちに立って理解する
⑤行動を客観的に評価する(良し悪し、それでは伝わらない、困る、わからない等)
⑥問題の解決を図る
⑦正しい表現、正しい行動を一緒に考える(本当はどうすべきか)

子供の主体的側面に立つ

最終目標・・・自ら問題解決できる力をそ育てる

①共感的理解に基ずく対応を考える。

②本人の側(主体的側面)に立った関わりが必要。

③関わるものが自分の傾向を知ること(自己覚知)で、対応がスムーズに

④子供の自身が納得した解決を図る ⇒ 自分自身で適切な対応ができるように

私はこれで不安がなくなりました。

子供が「発達障害」と診断を受けた時、
目の前が真っ暗になりました。

障がいを持っていることのショックは
当然ですが、それと同じくらいに強く

・この子の将来は・・・
・成人して一人で生きていけるのか?
・普通の子より、お金が必要なのか?

こんな思いに苦しみました。

そして決断しました!
 「この子には、不自由をさせない。」
 「私、ひとりでも育ててみせる。」

専業主婦だった私には、時間が十分に
あったので、家事の合間に内職する!
と、決めネットで検索しました。

超の付くほどのパソコン初心者でしたが、
撮りためていた動画をyoutubeにアップ
してみたところ、お金になったのです!!

今では夫の給与と毎月競えるようになり
生活が本当に楽になりました。ラッキー!

出掛けることがないコミュニティーですが、
SNSでつながっているので、お友達ができて
毎日楽しく過ごしてます。

私のような保護者の方もいるし、当事者の
方もいて、障がいのことについても相談が
できるので、本当にこのコミュニティーに
入って良かったと思ってます。

今は、不安はありません。

保護者の方も、当事者の方も、ぜひこの
コミュニティーに参加することをおすすめします。

⇒⇒このコミュニティーが気になる方は、こちら。

コメント