発達障害についての学びのQ&A【1】

地域の学校or支援学校 どちらを選んだ方がいいですか・・・?

正直、正解はありません。どちらでも良いのですが、判断基準は子どもです。

子どもさんにとって一番安心できる場所がどちらなのかだと思います。支援学校では、基本的に知的障害の支援学校になります。
かなり重度のお子さんも通われています。自分と他者の比較が始まり、自分がなんなのかを考え始めた子どもさんにとっては、障害を意識せざるを得ない学校です。
学習に関しては、一般校に比べて内容もスピードもゆっくりです。クラスの集団も小さく、ゆっくりペースでの学びができます。到達目標が低く設定されてますので、学習面でも大きく成長することはあまり期待できません。基本的な学習が中心となります。

地域の学校は、これまでの関係性を維持しながらの進学となります。
友達関係や地域の環境など社会との接点も多く、インクルーシブ、ノーマライゼーションの考え方からも望ましいと思います。学習指導要綱に則って、授業が進められていきます。
内容もスピードも学年に応じたものです。支援学級との組み合わせで、到達度等で調整や配慮はしてもらえます。
しかし、校長(学校)の考え方で大きく変わります。また、担任の理解と支援の先生との関係など、関わる先生によって大きく左右されます。

基本的には、地域の学校(一般校)が望ましいと思います。

将来地域で生きていくことを考えれば、地域の中で生活基盤を持つことが大切です。
また、支援学校は合わない時に、地域の学校に戻ることがかなり難しくなります。学習内容が全く違うこと、管轄が市の教育委員会か、県の教育委員会か、という点もあり、様々な問題があります。

地域の学校から支援学校へは、学年の途中での転校は難しい面もありますが、比較的スムーズです。

◎ 地域の学校と話し合いを行い、受け入れ体制や考え方を聞く

◎ 外部の人との連携ができる学校かどうかの確認を行う

◎ 支援学校の見学を行い、どういうところかしっかりと見ておく

義務教育(小中)から、高校進学は・・・?

中学が終わったら、すぐに高校に行かなきゃならないのでしょうか?そんなことはありません。
子どもの気持ち、意思が強くなるまで待つことも大切です。進学を5年間も遅らせて通信制の高校に通った子もいるそうです。
機が熟すのを待つことの大切さ、子どもの力を信じるこの意味を感じますね。大人は固定的な方から、抜けださないといけません。

支援学校の高等部は、高等学校ではありません。準じる学校となります。進学や就職、資格取得を考えた時に大きな壁になることもあります。

でも、

「一般高校への受験は困難で、支援学校しか行くところがない。」

「学校に行かないと行くところが無くなる」

「自宅に引きこもってしまう」

「面倒を見ていると仕事に行けず、生活に困窮してしまう」

という保護者さんもたくさんいらっしゃいますが、

高校は、一般校(全日制)だけではありません。
通信制・単位制もあります。定時制高校だってあります。また、大検を狙うこともありです。選択肢を狭めないで欲しいと思います。

学校だけではなく、昼間行くところがないことで、この年齢でしか出来ない経験を積ませてあげたいという気持ちもわかります。

義務教育終了後は、通所の障害福祉サービスも使うことが可能です。
学校に属していると、放課後等デイサービスが使えます。ガイドヘルパーやその他の福祉サービスを上手く活用して、生活の基盤は作れます。
定時制なら、昼間アルバイトをしてみるとか、習い事に通うことも考えてみたらどうでしょう。

親も子も、みんなが行くから高校に行かなければならない!という考えから離れてみるのもありです。

子どもの気持ちがどうなのか。が一番大切だと思いませんか?

私はこれで不安がなくなりました。

子供が「発達障害」と診断を受けた時、
目の前が真っ暗になりました。

障がいを持っていることのショックは
当然ですが、それと同じくらいに強く

・この子の将来は・・・
・成人して一人で生きていけるのか?
・普通の子より、お金が必要なのか?

こんな思いに苦しみました。

そして決断しました!
 「この子には、不自由をさせない。」
 「私、ひとりでも育ててみせる。」

専業主婦だった私には、時間が十分に
あったので、家事の合間に内職する!
と、決めネットで検索しました。

超の付くほどのパソコン初心者でしたが、
撮りためていた動画をyoutubeにアップ
してみたところ、お金になったのです!!

今では夫の給与と毎月競えるようになり
生活が本当に楽になりました。ラッキー!

出掛けることがないコミュニティーですが、
SNSでつながっているので、お友達ができて
毎日楽しく過ごしてます。

私のような保護者の方もいるし、当事者の
方もいて、障がいのことについても相談が
できるので、本当にこのコミュニティーに
入って良かったと思ってます。

今は、不安はありません。

保護者の方も、当事者の方も、ぜひこの
コミュニティーに参加することをおすすめします。

⇒⇒このコミュニティーが気になる方は、こちら。

コメント