発達障害ADHDの学習支援の構造化について。


構造化の基礎知識

構造化は学習支援の最も基礎となる部分です。支援の開始時に整理することはもちろん、支援がうまくいかないときや支援の方向転換をはかるときなど、折にふれて意識し修正する必要があります。

構造化とは

学習支援に関する骨組みを明確にすることです。構造化の対象は、支援の目的から時間、ルール、物理的環境に至るまで幅広く、支援に関する様々な要素の枠組みを明確にする必要があります。

また、明確にされた構造は周囲にかかわるすべての人に共有されなくてはいけません。

構造化の必要性について

支援の枠組みが明確であることは、発達障害の子供たちへの学習支援にとっても大切なことです。支援の現場はつねに変化し、さまざまの課題や問題への柔軟な対応が求められます。

支援の枠組みが明確でないと、安定的にしっかりとした取り組みをすることが難しくなってしまいます。特に自閉症スペクトルの障害の子供たちは、暗黙の了解やルールを読み取ることが苦手の傾向があり、構造化について特に強く意識する必要があります。

構造化が不十分であることの悪影響の例

・子供が「なぜしなくてはいけないか、何をするのか」が分からず混乱する
・子供の言動に周囲が翻弄される
・叱るタイミングや何をしかるのかが分からなくなってしまう
・支援者、子供、保護者の意識や認識のずれが生じる

目的の構造化

学習支援をこの際に、「なぜここに来るのか」「何のために取り組むのか」など支援の目的を明確にすることは、構造をこの最初に行う重要な取り組みです。

目的の構造をカバー支援対象の子供とコミュニケーションして言語化することが必要ですが、難しい言葉や複雑な言い回しをする必要はありません。子供に理解してもらい、納得してもらうことが重要ですので、シンプルで優しい言葉で表現するのがよいでしょう。また、あまりにも将来のことは発達障害の子供たちにはイメージしにくいため、避けた方がよいです。

目的を決める時の注意点として、大人の側からの押し付けとならないように気をつける必要があります。子供を一人の人間として尊重し、気持ちや意見をうまくヒアリングしながら話しをするように心がけましょう。

目的が明確になると、何をすべきなのか、何をしてはいけないのかなどの判断がしやすくなりその後の支援が行いやすくなります。また、必要に応じて子供たちをうまく叱ることにもつながります。

目標の構造化

目的が中長期的な視点に立つものにしてあるものに対し、目標はより短期的な視点で定めるものです。目的よりも具体的、現実的な内容である必要があります。達成できたかどうかが明確に分かるよう設定しましょう。目標については、状況によっては支援を開始してからのちほど定めるのがよい場合もあります。

時間の構造化

学習支援の時間の見通しを明確にして、事前に伝えておくことが大切です。そうすることで余計な不安や混乱なく学習に取り組んでもらうことができます。

特に、自閉症スペクトラム障害の子供たちは、時間の見通しがないと強く不安を感じる傾向がありますので重要です。また、スケジュールについてはできるだけ視覚化し、いつでも理解できるようにしておきましょう。

ルールの構造化

しっかりと学習に取り組むためにはルールが必要であることを、わかる言葉で子供に伝えます。その際には子供と学習支援の目的について事前に話しができているとスムーズです。また、何らかの学習上の課題が出た場合にも、折にふれて説明するようにします。

例えば、周囲のものに気が散ってしまい自宅で集中できないような場合、なぜ集中できないのか、を考えます。そしてその原因となる者に対するルールを設定することで集中できるようになる、という旨を伝えるルールの必要性を納得してもらいます。

私はこれで不安がなくなりました。

子供が「発達障害」と診断を受けた時、
目の前が真っ暗になりました。

障がいを持っていることのショックは
当然ですが、それと同じくらいに強く

・この子の将来は・・・
・成人して一人で生きていけるのか?
・普通の子より、お金が必要なのか?

こんな思いに苦しみました。

そして決断しました!
 「この子には、不自由をさせない。」
 「私、ひとりでも育ててみせる。」

専業主婦だった私には、時間が十分に
あったので、家事の合間に内職する!
と、決めネットで検索しました。

超の付くほどのパソコン初心者でしたが、
撮りためていた動画をyoutubeにアップ
してみたところ、お金になったのです!!

今では夫の給与と毎月競えるようになり
生活が本当に楽になりました。ラッキー!

出掛けることがないコミュニティーですが、
SNSでつながっているので、お友達ができて
毎日楽しく過ごしてます。

私のような保護者の方もいるし、当事者の
方もいて、障がいのことについても相談が
できるので、本当にこのコミュニティーに
入って良かったと思ってます。

今は、不安はありません。

保護者の方も、当事者の方も、ぜひこの
コミュニティーに参加することをおすすめします。

⇒⇒このコミュニティーが気になる方は、こちら。

コメント